ライフスタイル 本編

ダンダダン酒場の餃子ランチ@学芸大学駅前 ~肉汁飛びすぎ注意報~

更新日:

どうも。すぎやんです。

学芸大学駅前のMATTERHORNで手土産を購入して時間を確認するとちょうど12:00だったことと、

朝から何も食べずにここまで来ていたためお店に近いところで美味しそうなランチを食べられるところがないか少し歩いてみました。

すると、何やら気になる看板が…

がっつり食べたかったこのタイミングで見つけてしまった運命に従うべくお店に入りました。

お店に入る前にお店の写真を撮りながら気づいたけれどすごい建物の中にあるんですね。

ちょっとレトロな感じでかっこいいです。

 

お店に入るとお客は1組しかいなかったので落ち着いて食べられると思っていましたが、12:30くらいになると満席になったので結構な人気だったんだなと感じました。

注文はもちろん餃子定食で「ご飯の量はいかがいたしましょうか?」と聞かれたので、

大きなお椀でよそわれて残すのも申し訳ないので「お茶碗はどれくらいのサイズですか?」と聞いて、普通サイズだったので「これくらいなら大丈夫」と思い大盛りを注文しました。

少し店内を見渡してみるといろんなところで力を入れている様子がうかがえました。

まずはお酒の銘柄がちゃんとしていること、特に獺祭ハイボールは気になりました。

脂っこさを日本酒でさらに炭酸で割って飲むからすっきりしそうでちょっと飲んでみたかったです。

あ、でも、味が薄くなりすぎてどうなるかも気になりました。

とそんなことを考えながら店内を見渡してあれこれ考えていると、

定食が完成して席まで持ってきてもらうと…ご飯の量の多さとビジュアルに一瞬時が止まりました。

なぜならこんな感じだからです。

一緒に写っているスマホよりも高いのだから食べきれる自信がありませんでした。

と言いつつ個人的にはご飯の量と餃子の数があっていない気がしています。。。

 

肝心の餃子の味ですが肉汁たっぷりだけど脂っこさがなく美味しかったです。

写真にも写っている自家製ラー油は辛すぎずいい感じに美味しくしてくれます。

ちなみに店員さんからは「餃子は最初の一口目は何も味を着けずにそのまま食べてください」というくらいの自信があるようです。

タイトルで注意報を出していますが、食べ方を気を付けないと皮が破れたところから肉汁が飛び出て大変なことになります。

自分は不幸にも白色のシャツを着ていて食べ方が下手だったので服が大変なことになりました。。。

次回行く機会があれば小籠包のように先に皮を破いてから食べるようにします(笑)

全体的に値段も高くないので、ランチじゃなくて夜の時間帯にも行ってみたいと思えるお店でした。

 

 

-ライフスタイル, 本編

Copyright© すぎやんのブログ始めました , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.