ライフスタイル 本編

かがた屋で日本酒購入しました ~初の4本購入~

更新日:

どうも。すぎやんです。

2021年の3回目の購入になります。

緊急事態宣言の再延長を受けてこれからも引きこもることを考えて、これまでMAX3本買っていましたが、今回はなんと4本も購入してしまいました。

冷蔵庫の空きスペースを事前に確認はしていますがいざ会計に行ったときは少し罪悪感がありました。。。

なによりこの生活いつまで続くんだ…ワクチンはいつ打てるのやら。

 

 

■スーパーくどき上手 改良信交30 純米大吟醸 生詰 \2,200 円(税込)

前回の日本酒購入ブログで購入したスーパーくどき上手Jr 改良信交30 純米大吟醸 生詰のJrなしバージョンになります。

Jrと何が違うのか店員さんに聞き忘れたので入荷情報から説明文を読んでみましたが…Jrと同じ内容でした(笑)

Jrもとても美味しかったのでもちろん外れではないのは言うまでもないけど、どんな違いがあるのか楽しみにしています。

参考までにかがた屋さんの情報を載せますと以下のようでした。

---------------------------

第1回 酒1-GPの覇酒、720mlボトルにて降臨!
くどき上手と言えば……
豊かなで膨らみのある甘味と
糸を引くような上質で優雅なアフター。
そこに酸味があることは稀。
酸が低いのに、重くない。
酸が低いのに、キレがいい。
それが亀の井酒造の技であり、
くどき上手の真骨頂。

そんな中でも「スーパー」と冠したこいつは
くどき上手を超えるくどき上手。
酒造好適米「亀の尾」の血を引く「改良信交」を、
精米歩合30%、玄米の7割も削ったお米で仕込んだ純米大吟醸。
と、ここまでで既に呑む前からくどき落とされている。
その辺がやはり「スーパー」の所以。

---------------------------

 

■ ロ万 2020 純米大吟醸 原酒一回火入れ 3,850 円(税込)

ロ万という銘柄は最近よく聞くようになって気になっていたのですがいよいよチャレンジすることにしました。

お店ではほかにも「皐ロ万 純米大吟醸 一回火入れ」なるものがあったのですが、店員さんに違いを聞いたところ、購入したほうは品評会出品用と言われていたのでこちらを選びました。

ラベルは皐ロ万のほうがおしゃれで気にっていたのですが(笑)

 

参考までにかがた屋さんの情報を載せますと以下のようでした。

---------------------------

何とモチ米を35%まで磨いて仕込んだ
他に類をみない純米大吟醸の原酒です。

モチ米と同じく精米歩合35%にて
酒米・五百万石(ごひゃくまんごく)も使用。
こちらは地元の南会津・界(さかい)地区産。
件のモチ米も隣接する只見町産を使用。
地域を愛し、地元産にこだわり、
伝承の技「もち米四段仕込み」へ
独自の進化を重ねてきた蔵人たちの
哲学と技術が結実してでき上ったお酒です。

「磨かれたばかりの米はとても白く、美しく。
手にした瞬間、
蒸かし上がった瞬間、
そして仕込みの時も
胸の高鳴りを感じるようでした。」

とは、蔵元の言。
大事な地元米を名水で丁寧に仕込み、
仕立てた純米大吟醸はとっても瑞々しく、
華やかに香る果実のよう。
と同時に、
モチ米四段仕込みの優しい味わいが
口いっぱいに広がる至福の日本酒です。

---------------------------

なんだかすごい気合いを感じる文章です。

そしてもち米で作る日本酒にとても興味を持ったので楽しみにしています。

酵母も酒米もすべて地元福島県産。こういうの大事ですよね。

 

■花の香 梅花 純米大吟醸 2,750 円(税込)

こちらも初登場になります、熊本県の日本酒になります。

これまで東北勢が多かったのですがラベルのデザインと裏の説明を読んで興味を持ち購入することにしました。

これもほかに「花の香 別誂 松本日出彦 武者修行コラボレーション」というかっこいいラベルのシリーズ物があったのですが、純米大吟醸ではなかったのでこちらにしました。

参考までにかがた屋さんの情報を載せますと以下のようでした。

---------------------------

蔵の周りに漂う梅の花の香り。
花の香酒造の原点がそこにはある。
梅はまた、咲き誇る季節柄「花の兄」とも称され、
日本人にとって太古から特別な意味合いを持つ樹。

だから「梅花」は、
贅沢にも35%まで磨いた山田錦で醸される
晴れの日のお酒。
華やかかつ上品に漂う香りと綺麗で
透き通るような甘味、かといって綺麗過ぎることは無く、
程よい味わいが見事に調和する。

普段とは少し違う、特別な日、特別な人と。
もしくは何かをやり遂げた自分へのご褒美に、
この一本で。

---------------------------

日頃頑張る自分へのご褒美?とこれから梅雨の時期になって梅としばらく付き合うこの季節にぴったりと思いました。

こちらも酒米の山田錦を地元で生産して使うこだわり…素晴らしいです。

 

■田酒 純米大吟醸 百四捨 3,300円(税込)

諸事情あって説明は割愛しますが、もちろん、ポイント対象外です。

運よく並んでいたので購入しました。

 

4本も購入したのでさすがに次回のタイミングは数か月後になるかと思いますが、これから夏酒の季節になって欲しいお酒がどんどん入荷されそうなので、入荷情報を眺めて悶々とする日々が続きそうです(笑)

-ライフスタイル, 本編

Copyright© すぎやんのブログ始めました , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.