ライフスタイル 本編

燻製作るシリーズ ~part1~

更新日:

どうも。すぎやんです。

横浜アウトレットで燻製器を衝動買いしたので、いろんな燻製にチャレンジして究めていこうと思いますし、せっかくなのでシリーズ化しようと思います。

こうして奮い立たせないとすぐに熱が冷めそうですし(笑

燻製を作ることが憧れだったし、燻製料理でお酒を飲むことも憧れていたので、実際にやってみるとなるとワクワクしています。

さて商品ですが、こんな感じで比較的コンパクトに収納されています。

燻製に必要なチップもセットで購入していて、ヒッコリーとバーボンが入っているので、まずはヒッコリーで極めてみようと思います。

燻製は奥が深くて、使うチップの種類、チップの量、熱する時間、燻すもの、燻すものの大きさ、これらすべての要素でうまくいかないと美味しくならずにただ煙っぽくなるので、紙やネットで作り方を見ながらオリジナルで好みの燻し方を見つけたいと思います。

ちなみに燻すときの一番の懸念事項である煙についてはお店の人から「そんなに気にならないから大丈夫」と言われたので今回は室内で作ろうと思います。

 

■燻したもの

はんぺん

 

さて、今後に向けて燻した時の情報と実際に食べてみたときの感想をランキング形式で残していきたいと思います。

 

■感想

見た目:しっかりとした色がついて燻製チーズのような感じになった。

香り:1mくらい離れていても燻製のにおいがするくらいしっかりとついた。

味:かなり煙っぽく食べると口全体に煙が広がって最初はクセになるうまさだったが、噛めば噛むほど煙臭さが強くなりだんだんときつくなってくる。

1日後の変化:冷蔵庫で保管をしたが、はんぺんに煙が吸収されている状況なのでラップを外さなくてもにおいがわかるくらい強烈になり、冷やして水滴が表面に出るので水っぽさが相まって、かなり食べるのを躊躇するレベルになった。

総評:燻した時間が長かったことと、はんぺんという煙を吸収しやすい材料の特徴から、出来上がったものがかなり煙っぽくなり美味しいかと言われると…失敗作でした…いきなりはんぺんはハードルが高かったので、次回はチーズや明太子といった王道にチャレンジしようと思った。

次回に向けて:火力をずっと中火にしていたこともあって煙が外にたくさん漏れ出すくらいな状況で、燻す時間も15分とかなり長めだったので、火力は弱火で燻す時間は8分にして再チャレンジをするときっとおいしくなるはず。あと、屋内で換気扇の強さMAXで燻してみたけれどやっぱりそれなりににおいが充満するので、次からはベランダで作ってみようと思いました。

 

■ランキング

順位 燻したもの 燻した時間 チップ 合うお酒(個人的主観) 改善点
1位 はんぺん 15分 ヒッコリー大さじ1 クセのある焼酎、ウィスキー(バーボンあたり) 時間が長かった。火力が強かった。
2位 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

こんな感じでランキングとちょっとしたメモを残しながら更新をしていき至高の燻製づくりを目指そうと思います。

いずれはキャンプデビューして燻製を作ってお酒を飲んでくつろぐ、そんな大人の嗜みを実現すべく、まずは練習あるのみです。

-ライフスタイル, 本編

Copyright© すぎやんのブログ始めました , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.